- 日 記 -

  25, 2017 20:17

  杖男の独り言日記

 

      2017925 月曜日

    

         tue4.jpg

 

    

灯台島に上陸中の皆さん、こんばんは。

コロちゃんの相棒、自称小説家の杖男です。

ブログにお越しくださってる皆さん、ランキングバナーを押してくださってる皆さん、

拍手ボタンを押してくださった皆さん、いつもありがとうございます。

今後もブログを続けていく励みになります。

 

さて、一昨日から突然、短編小説が始まりましたね。

今回の短編小説「翡翠の森」は、400字詰め原稿用紙で50枚くらいの長さです。

1話から10話まであります。

読みやすいように、1話ずつ公開させて頂く事にしました。

まるで新聞小説みたいですよね。

 

主人公は、羽沢(はざわ)(すい)くんと申します。

繊細な心の持ち主の彼は、何かに苦しんでいるようですね。

追い詰められているようですね。

いったいどうしちゃったんでしょうね。

黒マント!の怪しい男が出て来ましたね。

鞄の中に子供の骨って!

怖いですね~、恐ろしいですね~。

淀川長治風ですね~。

ネタが古すぎてついていけないって?

ついて来て下さいよぅ、もうっ。(ぶりっ子)

ぶ、ぶ、ぶ、ぶ、ぶりっ子‥‥

ひええええええええ、死語の世界へようこそぉぉぉぉぉ。

はい、ふざけるのはこのくらいにしてっと。

 

今夜は、これから第三話に突入します。

第三話では、いったい何が翠くんを待ち受けているのでしょうか。

一緒に観ていきましょう。

チャンネルはそのまま、灯・台・島。

 

 

これにて本日の日記おわり。

それでは、さよなら・さよなら・さよなら……

 

  

 

  

            ≪ 新しい日記へ        古い日記へ ≫

 

 

   

0 Comments

Post a comment

What's New