FC2ブログ

- 日 記 -

  17, 2017 14:35

魔法使いおばあちゃんの独り言日記

 


    mah_4c.jpg 魔法使いおばあちゃんですよ~♪。゚o。★。o゚。♪。゚o。★。♪

 

 

2017917 日曜日

 

 

灯台島に上陸中の皆さん、お元気ですか。

台風通過の中の皆さん、ご無事ですか。

昔、魔法少女で今は船長の妻、そして、

コロちゃん(犬)の飼い主のおばあちゃんです。

お料理レシピは参考になっていますかしら。

料理の写真は見ているだけでもホント楽しいわよね。

 

さて、前回もお話しいたしましたけど、

スナフキンもどきの男、杖男さんは、

コロちゃんのたっての希望で、うちに居候してもらっておりますの。

イチゴ畑を作ったり、家の修繕をしたり、

主人と一緒に船に乗ったりと、毎日大忙しのご様子の杖男さん。

今までずっと放浪の旅を続けていたそうで、

一生そのポリシーは変わらないそうです。

私としては、いつまでもここにいて欲しいんですけどねぇ。

だって彼は、コロちゃんのおもちゃコレクションの、ひ・と・つですし、

わくわくラッキーセットの景品と同じように、

コロちゃんに始終遊ばれておりますもの。

ホホホホホホッ!

仲良きことは美しきかなとは、ホントよく言ったものですわ。

でもいつかは杖男さん、旅に出る日が来るかもしれませんね。

その時はきっと、コロちゃんが大層悲しみますわ。

今のところは杖男さん、とりあえずこの島が気に入って、

夜な夜な売れない小説を書く事に熱を上げてるようですよ。

 

ところでここだけの秘密なんですけど、私ね、

杖男さんが肌身離さず所持していた、

先祖代々なんたらかんたらとかの秘伝の杖で、なんと魔力が蘇りましたの!

こんな事、大きな声では言えませんけれど。

何故って、魔法嫌いの主人の耳に入ったらそれこそ大ごとですから。

でも、時々、こっそ~りと魔法を使ったりしていますの。

い~えいえ、大げさな魔法なんかじゃありません。

ちょっとした心のリセット用に使っているだけですのよ。

例えば、そうねえ、

数か月前に、鏡の前で、自分に魔法をかけてみましたわ。

「テクマクマヤコンテクマクマヤコン、18歳の私にな~れ!」

……さすがに若い人はついてこられないわよねぇ、こんな呪文。

ホホホホホホッ!

ではもう一度、

「シタワチハチイ・アパレシウム!」

鏡の中に、18歳の私が映っています。

さっそく自分に話しかけます。

「こんにちは、50年前のトメちゃん。いいえ、チェリーナ。あなたに会えて光栄だわ」

鏡に映る私は、自分で言うのもなんですが、なかなかのべっぴんさん。

つぶらな瞳、金色の長い髪、大きな髪留め、別珍の赤紫のワンピース。

私は思わず、バレリーナのように連続ターンしてみました。

…まるで観客の拍手が聞こえてくるようだわ。

「ようこそ皆さま! 今宵、わたくしの為にお集まり頂きありがとうございます」

私はスカートのすそを持ち上げ、深々とお辞儀しました。

その後の私?

そりゃあもちろん、浮かれて外へ駆け出していったわよ。

「やっほうううううううう!イエイ! バイバイ、トメ子ばあちゃん!

こんにちは、18歳の私!!」

 

ちなみに、私の本名は、『雲母トメ子・チェリーナ』

雲母と書いて、きららと読みますの。

雲母の雲は英語でクラウド。

クラウドをもじると、クラウディア。

…………………………………………

…………なんざまあすのよっ。

ホホホホホホッ!

 

 

あら、残念。コロちゃんのご飯の用意をしなくっちゃ。

これにて本日の日記おわりでございます。ホホホッ。

フィニート・インカンターテム!!

 

  


                           古い日記へ ≫





0 Comments

Post a comment

What's New